打撲にも漢方薬がお手伝い

こんにちは、くすりのわかばやしです。

先日の出来事ですが・・・

もう長いお付き合いのある40代女性の方です、

いつもと違い、珍しい時間にご来店されました。  😥 

そして、額には大きなコブ!

お仕事中にぶつかってしまったそうです。

ご来店された時は、コブができたことがショックで精神的にちょっと参った~という様子でした・・・

 

お手入れのやり方をお伝えしてやってもらいながら、患部の血流を良くする漢方薬を飲んで頂きました。

大きなコブは冷やしながら外用薬を時間をかけて塗りなおしていくうちに、

晴れてパンパンだったところに少しゆるみもでき始めました。

 

徐々に痛みは引けたような状態でした。

お家でもしっかり漢方薬を服用するようお願いしました。

 

そして一週間後に

明日出張何ですが、どうもさっきぎっくり腰に

なっちゃったみたいで・・・・・と来店下さいました。

でもその前に先週のコブが気になります

左側のおでこ

よ~く見るとちょっと黄色?位まできれいになっています。

 

打撲って青たんになってそして黒くなりそして少しずつ黄色くなって治っていくはずですが

余りにも何もないようにきれいに治っています

私達も嬉しかったのですが、ご本人がとても喜んで下さいました。

そして腰の痛みの漢方薬と

足の負担減らすサポーターつけて見事翌日の出張は

『無事に行ってこられました』と

嬉しい電話連絡を頂きました。

無理なく出張から帰られて、お礼の連絡を頂けて

私たちもこの仕事をやっていてよかったと思いました。

 

« »

Copyright © meiseido kusurinowakabayashi, All rights reserved.