明誠堂 くすりのわかばやし

明誠堂くすりのわかばやしは、群馬県沼田市で漢方を中心にお1人ずつお体のご相談をお受けしています。女性病、皮膚病、ダイエットを中心に腎臓病や肝臓病などの慢性病相談をお受けしています。

TEL.0278-24-4755 FAX.0278-23-8081

〒378-0004 群馬県沼田市下久屋町820-8

今こそイボ解決!!

今こそイボ解決!!

今の時期に

イボの改善をしましょう!」

 

若い方から高齢の方まで幅広い年代で見られるイボ・・・

首の周りにボツボツ、

はだの色と同じで分かりにくいものから、

黒くて大きくなるものまで、

生活に支障がでるわけではないけど、

女性にとっては人目が気になり、

春先から夏場の洋服の襟元が気になりますよね。

なかなか治らずに悩んでいる方、この時期から始めましょう

 

イボは皮膚の表面に突出する良性の腫瘍のことで

医学的には、

「疣贅(ゆうぜい)」といいます。

 

2つのタイプに分かれますが「ウイルス性」と

加齢や紫外線によって生じる「老人性」です。

 

「ウイルス性のイボ」は、その種類によって大きさや形ができる場所が異なり、

 

特に

手足の傷やひげそりあと、アトピー性皮膚炎など皮膚のバリア機能が落ちて

いる人に発症しやすいイボです。

又、垢となって剥がれ落ちた皮膚細胞も感染源となるため、家族間でタオル

の共用を避けるなど予防しましょう。

ウイルス性のイボは皮膚表面の傷口から侵入し、基底細胞に感染します。

そこで作られる角化細胞が活性化して増殖することで皮膚表面が押し

上げられイボとなります。

 

 

老人性イボは、中高年に多くみられる皮膚の老化現象で、人には移り

ません。原因となる紫外線が当たりやすい

頭や顔、背中、首などに肌色から黒褐色のイボができるのが特徴です。

 

 

本来、メラニンは肌のターンオバーによって角質と共に垢として排出

されますが、身体の新陳代謝が衰えるとメラニンが蓄積しやすくシミと

なります。

 

更に紫外線を浴び続けると、皮膚中のタンパク質が変異を

起こして角質が厚くなりシミ部分が盛り上がって硬くなりイボとなります。

首回りは皮膚が薄いため、シャツの襟やマフラーなどの衣類、アクセサリーなど

の摩擦が刺激になってイボの発症につながります。

 

夏場であれば汗もイボの原因にもなります。

 

だからこそ汗も少なくメラニン色素の害も少ない今から

漢方薬で治しましょう。

 

« »