明誠堂 くすりのわかばやし

明誠堂くすりのわかばやしは、群馬県沼田市で漢方を中心にお1人ずつお体のご相談をお受けしています。女性病、皮膚病、ダイエットを中心に腎臓病や肝臓病などの慢性病相談をお受けしています。

TEL.0278-24-4755 FAX.0278-23-8081

〒378-0004 群馬県沼田市下久屋町820-8

秋を感じるのは・・・

秋を感じるのは・・・

まだまだ残暑が厳しですね。この時期は夏バテの人や食欲不振の人、体調不良の人が多いです。

季節の変わり目なので気を付けましょう。みなさんは秋を感じるのは、どこで感じますか?

漢方では五根(ごこん)といって目・耳・鼻・口・皮膚で季節感を味わいます。夏はまぶしい太陽、セミの声、

鼻からは森林の匂いなど。夏はやはり皮膚が大事!それは汗をかく事。汗をかけない人がいますが、

汗をかくことで解毒します。汗を出すのは大事な事なので、今年汗をかくことが出来なかった方は、

来年はどうしたら汗をかくか血管が開いたりしまったりするのか知ってほしいですね。

そして口はスイカやトマトなどで、夏の味覚を感じます。耳は、虫の声が変わってくることを感じます。

五感を刺激することはとても大切な事です。目からの刺激も大事です。脳も同じで五感を元気にして、

いい景色を見ることや気持ちのいい光景を見ることで肝臓がゆるんでストレス発散にもなります。

耳は、好きな音楽・いい音楽をききリラックスできます。腎臓は成長ホルモンをだしたり、発育にかかわる

ところなので、耳からホルモンを整えて肌をきれいにして、情緒を安定させることも大事です。

皮膚は乾布摩擦など、風邪の予防になること。いつも部屋の中にいて、五感が使われないのは

もったいないです!満月の時にはお月様をみたり、朝は空をみるなどいつも気持ちがマイナスの方は、

目先を変えて気持ちのいい空気を吸ってみる!きれいな空をみて気分転換して下さい。

ストレスは酒でごまかしてはいけませんよ!

気の流れは目に見えないもの。体本来は感じ取っています。昔の人は気など見えない物から季節を

感じ取っています。お盆過ぎたら冷たい物をとらないとか、

海の近くの方であればお盆過ぎは海に入らないoct02_a12

などがあります。夏におなかを冷したことで、食欲

不振、夏バテになってしまいます。夏たくさん水分

取った方は、秋の目まいとか、耳鳴りをおこし

やすいです。水は冷たいです。神経痛・腰痛・

膝痛の原因になります。

持病を持っている方は特に気を付けてください。

喘息・アレルギー性鼻炎の方は冷たいお茶やアイスの摂り過ぎに

気を付けてください。これからおいしいぶどうや梨が出回る季節です。果物は日中に食べてくださいね。

朝は金、昼は銀、夜は毒と覚えてください。ぶどうや梨を夜たべると血糖値があがります。

活動している昼間に食べるのがいいです。梨は体の熱をとってくれます、暑気あたりの予防には

もってこいのものです。お風呂上りクーラーがガンガン効いている部屋で冷やした果物を食べると、

お腹をこわすだけでなくお子さんは夜尿症になることもあります。もうひとつ一番大変なことは

腸の中で免疫があり、冷たい物がいつも入っていると、スイッチが壊れてしまうことです。

胃袋をやかんに例えると37℃で次のところにお湯を出したいのにー13℃のアイスを

食べて50℃あげるのは大変・・・かなりのエネルギーを消費します。

それを血管の血液がしてくれます。

おいしい果物の季節、食べ方で薬にもなるし毒にもなる、上手に食べましょう!

 

自分の体は自分で守る、予防に勝る治療なし

 

« »