明誠堂 くすりのわかばやし

明誠堂くすりのわかばやしは、群馬県沼田市で漢方を中心にお1人ずつお体のご相談をお受けしています。女性病、皮膚病、ダイエットを中心に腎臓病や肝臓病などの慢性病相談をお受けしています。

TEL.0278-24-4755 FAX.0278-23-8081

〒378-0004 群馬県沼田市下久屋町820-8

秋の養生法

秋の養生法

長雨が続きますね。朝・晩とすずしくなり虫の音が聞こえてきて、さすがにタオルケット1枚では厳しく

なってきました。秋ですね。秋に一番頑張って働く臓器があります。

漢方では五行説の秋は肺と大腸が働く季節です。肺の感情というのがあります。

秋は物悲しいと言いますが、悲しむことが秋の感情の特徴です。悲しむと気が落ちる、消耗する、

この状態だと元気がなくなります。この状態を漢方では肺気、肺のエネルギーが少なくなったと考えます。

症状はためいきをつく、気力がなくなる、意欲がなくなるなどです。でも逆に実りの秋、食欲の秋、

スポーツの秋といいます。秋の空気は乾燥しています。夏は湿度が高く、家の中では70%以上

でしょうか。逆に秋は乾いています。そして空気の乾燥はいろいろな病気を引き起こします。

乾燥した空気というのは、皮膚や髪がカサカサ、口が渇きやすいです。鼻や口から吸いこんだ空気が

乾燥していることによって肺が潤おわないので、咳症状や鼻炎、喘息、風邪を引き起こしやすいんですね。

鼻や喉の粘膜はウィルスや細菌の進入を防ぐ所でもあります。気温・湿度が気持ちいいくらいの

状態だと気管も鼻もうるおっています。そして免疫も充分に働けます。乾いて乾燥がきつくなると、

顔がカサカサしてくる、慢性鼻炎や喘息などの症状が出てまいります。

喘息などのない方は乾くことによって風邪の症状がでてきます。寒くなってくると毛穴がしまる

ことによって鼻や呼吸系に負担がきます。。体の体表面積は2mくらいあると言われていますが、

毛穴から老廃物(ゴミ出し)をするわけですが、そこから出るものが出ないと、どうしても肺や鼻、

呼吸に負担がかかります。さらに汗をだす腺、皮脂腺(油が出るところ)、そこからの排泄が

なくなるので鼻や口が渇きます。秋は養生という部分で考えると、乾燥から体を守ること、

うがいをすることが大事です。でも、秋ってすごくいい季節ですね。roujin_museru_seki

夏の暑いときと冬の寒くなるときの中間にあり、

この時期を大事に過ごすことは大切です。

この時期に無理やり動きすぎてしまう、疲れきって

しまうと、冬もっと寒くなるので治す体力が

なくなります。一番言えるのがお年寄りの方・・・

秋コンコンと乾いた咳をしていたらそのまま

喘息に・・・なるべく冷たい物を控える、

お腹を冷やさないようにタオル1本

お腹に入れるなどしてください。

お子さんをお持ちの方はアイスを控えめに。

この冷え込みが続くと脳の血管障害や心臓にも負担がかかります。声を出す仕事の人は

マフラーなどを首にまき温めるなどしてください。手首・首・足首はいつも一緒。靴下は

短いのではなく、くるぶしが隠れるものを履いてください。この温度差に体が対応するのに

通常2週間かかります。若い方はできますが、夏汗をかけない人は寒くなって毛穴を

引き締められるかというとできません。なるべく半身浴で10~15分浸かり、

潤いを残したまま寝てください。とくに10月半ばくらいまでは体調管理に気を付けてください。

今日もお話しを聞いていただきありがとうございました。

 

自分の体は自分で守る、予防に勝る治療なし

 

« »