明誠堂 くすりのわかばやし

明誠堂くすりのわかばやしは、群馬県沼田市で漢方を中心にお1人ずつお体のご相談をお受けしています。女性病、皮膚病、ダイエットを中心に腎臓病や肝臓病などの慢性病相談をお受けしています。

TEL.0278-24-4755 FAX.0278-23-8081

〒378-0004 群馬県沼田市下久屋町820-8

辛い後鼻漏には

辛い後鼻漏には

そろそろ花粉症?かしら

 

でも朝起きるとき

何気な口の中に、のどに鼻水が流れ、気になって仕方がない・・・

人にわからないだけにつらいですよね

『 後鼻漏 』

今回はうちの息子が書いたものを載せさせてもらいました。

 

↓↓↓

そんなあなたは「後鼻漏」の可能性があります。
あまり知られていない症状ですが、

鼻の病気に悩む方に、発症しやすいため要注意!

そこで今回は「後鼻漏」についてお話していきましょう。

 

鼻水の流れと働き

鼻腔、副鼻腔から分泌される鼻水は一日に2~4リットルと言われており、

分泌される鼻水は通常では違和感なくのどに流れていきます。

また、鼻腔内には「線毛機能」があり、

粘液に付着した異物(花粉、ハウスダスト、細菌、ウイルス等)を排除する働きがあります。

 

ところが、鼻腔内の粘液が少なく乾燥したり、

線毛機能が低下すると、

細菌やウイルス感染を起こしやすくなるため、

花粉に対しても過敏になってしまうのです。

 

 

 

後鼻漏とは・・・

後鼻漏とは

鼻の病気が原因となり

鼻水の量の増加粘りのある鼻水が溜まる等の症状により

、のどに鼻水が流れる時に違和感を来す症状です。

鼻の病気が進行すると、鼻腔内粘膜の腫れが強くなり、

鼻をかんでも鼻水が出にくく、のどに流れ込んで口から吐き出すか、

飲みこみ続けるしかありません。

 

後鼻漏は鼻の不快感を生じさせるだけでなく、

咳・痰の原因や睡眠の妨げになってしまい、生活に支障をきたすこともあります。

 

 

 

後鼻漏をきたす主な病気

 

後鼻漏は下記の通り、主に鼻腔・副鼻腔の病気によって起こってきます。

 

慢性副鼻腔炎 慢性化膿性
副鼻腔炎
(蓄膿症)
後鼻漏は主要症状の一つであり、他にも化膿し色のついた鼻水、鼻づまり、頭重、頬部の痛みがなどの症状が現れます。風邪やインフルエンザをきっかけに発症することが多いため、特に免疫の低下する寒い時期は注意が必要です。

好酸球性
副鼻腔炎
好酸球は白血球の一種で、アレルギーを起こした際に増える細胞です。好酸球性副鼻腔炎は、この好酸球が副鼻腔に集まって起きる疾患で、2015年には指定難病となっています。症状としては糊のような粘りのある鼻水や目の奥の痛みがあり、鼻茸(鼻ポリープ)が出来やすく嗅覚障害を引き起こします。
アレルギー性鼻炎 多くはハウスダストや花粉などに過敏に反応して、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状が現れます。水様性の鼻水の分泌量が増加することにより、後鼻漏を起こしやすくなってしまいます。
血管運動性鼻炎 温かい食べ物を食べている時や気温の寒暖差で鼻の自律神経に異常が起こり、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状が現れます。

 

この他、加齢に伴って起こる後鼻漏もあります。

これは歳とともに鼻腔内の粘膜が乾燥しやすく、

線毛機能が衰えるため、粘性の高くなった鼻水がのどの辺りに付着することで起こるもので、

高齢者に多い後鼻漏です。

このような場合、加湿器を使って湿度を高めることが有効な対策とされています。

 

 

病院での治療法

 

後鼻漏の治療としては、原因となる鼻の疾患に対する治療が中心となります。

治療は、あくまでも症状を緩和し、鼻の通りをよくするものであり、症状の再燃が見られる場合もあります。

 

  • 薬物療法
    炎症やアレルギーを抑える目的で抗生剤、ステロイド薬、抗アレルギー薬を服用します。

 

  • 局所療法
    鼻腔・副鼻腔内を洗浄し、抗生剤やステロイド薬を吸入します。

 

  • 手術
    鼻腔内に鼻茸がある場合に検討され、内視鏡を用いて鼻茸や粘膜を切除する手術や、
    鼻腔と副鼻腔をつなぐ孔を広くする手術があります。

↑↑↑

 

慢性的に辛い症状の緩和には、

鼻腔内アレルギーを鎮め、排膿を促し、

副鼻腔炎に伴う随伴症状(鼻水・鼻づまり、頭痛・頭重)を改善する漢方薬がおすすめです。

10種類の生薬で構成された慢性副鼻腔炎に使う良いお薬があります。

 

一度ご相談にお出かけください

 

 

 

« »