明誠堂 くすりのわかばやし

明誠堂くすりのわかばやしは、群馬県沼田市で漢方を中心にお1人ずつお体のご相談をお受けしています。女性病、皮膚病、ダイエットを中心に腎臓病や肝臓病などの慢性病相談をお受けしています。

TEL.0278-24-4755 FAX.0278-23-8081

〒378-0004 群馬県沼田市下久屋町820-8

漢方で腰痛改善!!

漢方で腰痛改善!!

昨日からの雪は、意外にも

アッという間に溶けてひと安心です。♪

1月24日

 

寒くなると痛みが出やすくなりますね

最近相談の多いのが

腰が痛い!!という方が多くお見えです。

 

 

腰の痛み」はなぜ起こるのでしょう?

☆ 器質的といわれている

ずれや椎骨の変形などによる痛み  ~骨の老化や変形~

yo

 

 

 

 

 

☆ その他には

* 急性のぎっくり腰

腰をひねったり、重い荷物を運んだりしたときに突然起こる、痛み

筋肉や靭帯など骨以外の組織が損傷を受けて起こる、

腰の捻挫です。発作直後は強い痛みを感じますが

徐々に時間とともに和らいでいきます。

 

* 慢性腰痛症

急性期を過ぎても痛みが持続したり繰り返す

脊椎を支える筋肉や靭帯が慢性的に疲労することで起こるものです

 

腰痛はとても辛いものですね

私も13年以上腰痛で悩んでおりましたが

男性に比べてなぜ女性の方が腰痛が多いのでしょうか?

 

一般的に、女性が『腰痛』を感じやすい主な理由は・・・

 

1.女性は脊椎を支える”筋肉や靭帯の力が弱い”

2.妊娠や出産によって、腰に負担がかかりやすい

3.月経時・更年期障害などに伴い、下腹部痛や腰痛を感じやすい

4.閉経後の女性ホルモンの低下で、骨からカルシウムが失われやすい

などが考えられます。

厚生労働省の国民生活基礎調査(平成19年)によると

年齢とともに腰痛を訴える人は増える傾向が出ています。

 

また、女性は男性に比べて1.5倍近くにのぼることから、

痛みの訴えを起こしやすいことがよくわかります。

 

他にも内臓の病気が背景にあって腰痛をおこすことも

あります。

器質的な問題が疑われるケースも含め、腰痛のきっかけや

原因がハッキリ判らない時は、早めに医療機関を受診することも大切です。

 

 

漢方では

「気(神経の働き)」、「血(血行・ホルモン)」、「水(水分代謝)」

という考えがあり、

痛みは原因としてこれらを乱しやすい体質が関係して生じる

と考えます。

 

慢性的に続く腰痛をはじめ、

それらに伴う痛み・しびれに対しては、漢方での効果があります。

 

漢方では、痛みの原因となる『気・血・水の乱れ』を整えながら、

『腰痛』などの”痛み”の症状を根本から改善します。

 

そして日頃から『腰痛』を起こしにくい

養生法を取り入れることも大切です!

 

1)腰に負担をかけない姿勢を!

2)適度な運動を心がけ、腰の周りの筋肉を動かしましょう!

痛いからといって身体を動かさなくなると、腰や下半身の筋力が

落ちてしまい、腰痛を悪化させてしまう悪循環になることがあります。

3)肥満の解消に努めましょう!

4)身体を冷やさないように!

冷えは、特に慢性的な痛みの場合は、症状を悪化させる要因になります。

夏場は冷房の効かせ過ぎ、冷たいものの摂り過ぎは控えることも大切です。

あなたに合うオーダーメイドの漢方薬で

日々の生活から痛みを減らしていきましょう

ご相談は予約の電話で7手書き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »