明誠堂 くすりのわかばやし

明誠堂くすりのわかばやしは、群馬県沼田市で漢方を中心にお1人ずつお体のご相談をお受けしています。女性病、皮膚病、ダイエットを中心に腎臓病や肝臓病などの慢性病相談をお受けしています。

TEL.0278-24-4755 FAX.0278-23-8081

〒378-0004 群馬県沼田市下久屋町820-8

睡眠

睡眠

朝、部屋のカーテン開けられましたか?

朝一番に太陽の光を浴びることはとても大事です。実は私たちの体の体内時計は25時間なのです。

体内時計は、実は1時間ズレがあるのです。このズレが自律神経を乱したりするのですが、朝一番の

太陽の光はこの1時間のズレを修正してくれます。それに太陽の光を浴びることにより、眠るための

物質を脳で作り始めるのです。目覚めたときから実は眠るための準備を脳内で始めるのです。

最近テレビで2週間不眠が続くと「うつ」になりますと言っていますよね。私もたまに遅くまで勉強004893

して睡眠不足になるときがありますが、日中は

眠いのに仕事をするので疲れやすいし

ストレスです。睡眠は、人の心と体の健康に

とっても大切ですが、近年では生活リズムの

変化やストレスの増加で成人の5人に1人が

「熟睡できない」「睡眠時間が短い」などの

睡眠障害や不眠に悩まされていると

言われています。高齢者は特に酷く3人に1人が「夜中に何度も目が覚める」「朝早く起きてしまう」

「寝ても疲れがとれない」などの悩みを持ち、日常生活に支障が出てしまう方が年々増加傾向に

あります。「睡眠」とは脳と体が休んでいる状態で、ぐっすり眠るためにはリラックスすることや

昼と夜の生活リズムを整えることが大事ですが、最も大事なことは脳への栄養補給をしっかり

行う事なのです。睡眠のためには話題のGABAや睡眠ホルモンのメラトニン、そして興奮を

和らげるアデノシンなど色々な脳内物質が重要な働きをしています。どれも大事な成分で

寝つきを良くする、睡眠を維持する、深い眠りを長時間持続させるなど様々な物質が

関わっています。これらの物質が脳の中で円滑に合成され働くことがとても重要なのです。

これらの脳内物質は「アミノ酸・ブドウ糖・亜鉛・セレン・ビタミンB群」などの栄養素によって

脳内の中で合成と働きが調整されています。では、よく眠るためにはどの成分を摂ったらいいのか?

実は、ぐっすり眠るために脳へは充分な栄養補給が必要なので、どれが大事かどうかではなく

これらを同時に摂らないといけないことが2009年の文献では報告されています。

最近はGABAと呼ばれる成分が注目をあびています。実はギャバは先ほど申し上げた

基礎的な栄養素を補給したうえで体内で合成された有効的な成分の1つに過ぎないものです。

また2008年の文献では、生活習慣病の中でも糖尿病と高血圧に関しては不眠と深い

かかわりがあることが解っています。不眠がストレスになり、ストレスホルモンのコルチゾールが

多く分泌されます。このホルモンは血糖値を上げるように働くため、糖尿病の悪化に繋がる

可能性が高くなります。また不眠になると交感神経を興奮させ、血圧を上昇させることが

わかっていますので、健康な人で睡眠時間が短いと血圧の上昇と心拍数の増加に

繋がることが報告されています。

 

自分の体は自分で守る、予防に勝る治療なし

 

« »