明誠堂 くすりのわかばやし

明誠堂くすりのわかばやしは、群馬県沼田市で漢方を中心にお1人ずつお体のご相談をお受けしています。女性病、皮膚病、ダイエットを中心に腎臓病や肝臓病などの慢性病相談をお受けしています。

TEL.0278-24-4755 FAX.0278-23-8081

〒378-0004 群馬県沼田市下久屋町820-8

【スーパーイソフラボン・エクオール】
 【スーパーイソフラボン・エクオール】について

大豆は栄養の宝庫・・・・・
「スーパーイソフラボン・エクオール」についてお話します。


①大豆には、色々な栄養素が含まれています。大豆タンパク質は、植物の中では唯一
 肉に匹敵するだけのタンパク質を含有し、「ミラクルフード」とも呼ばれています。
 日本では「畑の(牛)肉」という商品も出ていました。日本料理や調味料の原材料で
 もあります。大豆は、牛乳や卵と同等の良質なタンパク質であるとの評価もあるくら
 い色々な形に加工され、利用されています。また、大豆はタンパク質やカルシウムを
 多く含みます。大豆タンパク質には、血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果
 などの生理機能があると言われています。また大豆には、脂質、炭水化物、食物繊維、
 カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など
 の様々な栄養素が含まれています。栄養素の宝庫なのです。

発酵大豆のイソフラボン・・・・・

②大豆に含まれるゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインなどのイソフラボンは大豆
 イソフラボンと総称され、弱い女性ホルモン作用を示すことから骨粗鬆症や更年期
 障害の軽減が期待できます。これらの作用から、大豆製品の中には特定保健用食品
 に指定されているものもあります。骨粗鬆症予防効果、更年期障害の緩和に加えて
 抗動脈硬化作用の可能性もあります。また、乳がんや前立腺がん等の予防にも効果
 があることがわかってきました。大豆をよく食べる女性グループで脳梗塞・心筋梗塞
 のリスクが低下しました。
 最近の研究はもう一つ進みまして、「スーパーイソフラボン」というものが発見され
 ました。

 
スーパーイソフラボン、その名は【エクオール】!・・・・・



③その名は【エクオール】と言います。発酵大豆のイソフラボンは、糖が外れたアグリ
 コン型と言います。
このアグリコン型は、胃と小腸の上部で吸収され、吸収率は良い
 のですが、腸まで届かないので、【エクオール】になれないということがわかって
 きました。体内で役には立つのだけれども、スーパーマンには成り得ないのです。
 糖のついたグリコシド型のイソフラボンは腸内でエクオール産生乳酸菌や酵素に
 出会うことによって、イソフラボンより有効な【エクオール】というスーパーマン、
 スーパーイソフラボンに変身できることがわかってきました。



 【エクオール】をつくれる人はどれくらいいる?・・・・・



【エクオール】を作れる人は、日本人で50~60%2人に1人、欧米人では20~30%
 4~5人に1人です。大豆をよく食べる中国や韓国も日本と同様で【エクオール】を
 作れる人が多い地域です。この差は、大豆の摂取量や食生活の違いによる腸内環境
 の違いによるものだと考えられます。ところが年齢が下がるにしたがって、この比率
 が低下しており、日本人の若い世代では、20~30%と欧米人と同じくらいの人しか
 【エクオール】を作れないことが解ってきました。

 【エクオール】をつくれる人はどこが違うの?・・・・・



⑤現在は、食事の欧米化やジャンクフードなど、腸内環境が変わりイソフラボンの恩恵
 を受けられない女性が急増しているそうです。
 
具体的には若い人が大豆を食べなくなったことなので、大豆製品をよく食べること
 が大切になります。政府の目標摂取量は100gですので、エクオール産生菌を維持
 するためにも、毎日の食事にもっと大豆を取り入れることが必要です。
 味噌汁、納豆、豆腐、豆の煮物などの食品を日々摂ることが大切です。

 それから食物繊維を摂ることも大切です。腸内細菌のエサとなる食事に食物繊維が
 あります。60代の方が最もたくさん食べています。1日5gです。これはレタスまるごと
 1個分の食物繊維量に相当します。根菜や海草、キノコなど、食物繊維の豊富な食材
 を毎日の食卓に取り入れることで、腸内環境を改善できます。便秘にも効果的です。
 腸内環境は、日頃の食生活の積み重ねで形成されてきたものですので、すぐに変動
 するものでありません。毎日の食事を少しづつ見直し、良い食生活を継続していく
 ことが大切です。
 
そのほか、紅茶をよく飲む人は【エクオール】を作れる人が多いという報告があり
 ます。また魚の油、特にオメガ3系の油を摂る人が【エクオール】を作れる人が多い
 そうです。反対にたばこをよく吸う人、乳製品の多い人は【エクオール】を作れない
 人が多いそうです。

 

 【エクオール】の働きは?・・・・・

⑥【エクオール】の働きですが、
 
1、更年期障害のホットフラッシュ、のぼせ、息切れ、動悸、めまい、耳鳴り、不眠、膣
  の乾燥などの改善に役立ちます。
 2、肌のつやをよくする。髪をつやつやにして太くなります。
 3、気持ちを明るくする。
 4、記憶力を高める
 5、骨を強くする。骨粗鬆の予防になります。寝たきりの予防になるのです。骨の状態
  を見るのに、目尻のしわ、別名カラスの足跡と骨粗鬆症の状態は比例するそうです。
  カラスの足跡をエクオールは改善します。骨としわに効くのです。
 6、血管を強くする。
 7、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らします。
 8、代謝を促し肥満を予防する。
 9、心臓病の予防、女性特有の癌(乳がん・子宮癌・卵巣癌・子宮筋腫)予防、男性に
  おいては前立腺肥大と前立腺癌の予防などが言われています。

 毎日の食生活を考えて、大豆製品を上手にとり続けることが健康への近道です。
 
それでも、追いつかないときは〖マッハ・フォー〗というエクオールのサプリメント
 があります。これは、エクオール産生乳酸菌を増やすビートオリゴ糖を配合していま
 すので、効果抜群です。